新型出生前診断シンポジウム「誰もが生まれて生きる社会を目指して」ビデオ上映&武田康男先生講演会 が6月5日に開催

20160605chirashi
(画像をクリックすると拡大されます)
日 時:2016年6月5日(日)
 12:30開場,13:00開演,16:00終了予定
場 所:ふくふくプラザ 5階 視聴覚室(福岡市中央区荒戸3丁目3-39)
参加費:無料
定 員:75名。 事前申し込みをお願いします。
会場の都合で追加の椅子を持ち込めません。
定員を超えた場合は立ち見になります。ご了承ください。
託 児:20名。先着順で6階保育実習室にてお預かりします。
        5月20日(金)までに事前申し込みをお願いします。
        託児満員時は会場にて一緒にお聞きください。
申込み・問合せ:daremoga2016@gmail.com まで
主 催:シンポジウム実行委員会
後 援:ダウン症等受容支援ネットワーク福岡,ひまわり~希少障がいの親の会~,
    インクルーシブふくおか,障がい支援☆福岡おやじたい,
    認定NPO法人障がい者より良い暮らしネット

内 容:
 今回のビデオ上映は,2016年3月20日に北九州市で開催したシンポジウムでの講演をまとめたものを放映します。この分野の第一人者である長谷川知子先生(元静岡大学,臨床遺伝専門医),中込さと子先生(山梨大学,助産師),古庄知己先生(信州大学,小児科医)の3名の先生方と,藤山節子さん(ダウン症協会広島支部),久米奈津男さん,ちさきさん親子(ダウン症協会福岡支部)の2組のご家族に講演していただきました。講師のみなさんの障害のある子どもたちへの温かいまなざし,患者さんの心に寄り添うケアの実践に感動するとともに,いのちの大切さについて素直に受け止めることができる内容でした
 講演いただく武田康男先生(元北九州市総合療育センター,歯科医)は,このたびのシンポジウムの実行委員会を中心となって企画された先生です。口唇口蓋裂やダウン症などの障害のあるお子さんの医療的ケアと家族への支援、家族の死別に対する支援(グリーフ・ケア)を長年にわたって行っておられます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です